はなはなブログ

花のセイカエンのブログです

商品紹介 クリスマスリースとスワッグ

リース1

生のモミの木をメインに使用したスタンダードリース シックに落ち着いた色彩のリースです。

スワッグ1

実物を多く使い白いオクラのオーナメントがポイントのクレッセントスワッグです。

スワッグ2生のモミの木をベースにドライフラワーでアレンジしたスワッグ

全て一品ものです。

他にもちっちゃなスワッグあります。是非ご来店下さいませ。

1080円~4320円

今年も福島花鉢品評会の花が入荷しました。

鉢花品評会今年も恒例の生産者さんのコンテスト「福島鉢花品評会」の出品鉢が花のセイカエンに入荷いたしました。シクラメン 小鉢1296・5寸鉢2700円~3240円・毎年好評の6寸鉢は5400円代を多く仕入れることが出来ました。花数・葉の枚数とも一目で分かる生産者の特に力のこもった品評会出品作品の中からお好きな逸品をお選びください。ポインセチアも新品種エレクトリックファイヤーや人気のプリンセチアも入荷中です。

クリスマスリースにモミの木を入れる訳

IMG_6506[1]

当店の手作りクリスマスリースにはいろいろなデザインがありますが、グリーンをベースにするリースには、ヒムロ杉・クジャクヒバ・しのぶヒバ・各種コニファーなど常緑樹を使い冬でも葉を落とさない力強さを表す意味があるため使用しています。その中でモミの木は特別な意味を持つものとして使用しています。モミの木を使う理由には 諸説ありますが、
「葉の形が十字であるため聖なる木とされたため」
「モミの木には小人が住んでおり、幸せを運んでくれるとされたため」
「キリストの降誕祭の際にモミの木が使用されたため」
「キリストの十字架がモミの木で作られていたとされる説があるため」

モミの木は学名を「アビエス」といい、ラテン語で「永遠の命」という意味を持ち永遠の生命を象徴するもの。
そういう思いを込めて当店ではモミの木を使用しています。

リース

写真はヒムロ杉をベースにモミの木を使用して制作したプレーンリースです。
これからオーナメントでシックなリース。派手なリース。面白いリースなどにデコレーションしていきます。

モミの木の由来の話をしましたが、モミの木が入るとやっぱり素直にクリスマス雰囲気満点ですよね。

こむこむ お花教室「勤労感謝の日に贈る花」

IMG_637111月22日(土)に福島駅前の「こどもの夢を育む施設 こむこむ」にて、今年3回目のワークショップ お花教室を開催しました。

テーマは「勤労感謝の日に贈る花」

今回はお花をアレンジするフラワーベース作りからスタートしました。陶器のボールにフラワーデザイン専用の粘土でお花を挿す吸水性スポンジを固定して、その周りに防水加工の緩衝材を敷き詰めてアレンジスタートです。今回は繊細な花材が多く苦戦しましたが、最後にレイアウトした姫リンゴがポイントのかわいらしいアレンジがみんな作れていました。

IMG_6398IMG_6400

IMG_6354.jpg1IMG_6355IMG_6356IMG_6366 1IMG_6357IMG_6358IMG_6359IMG_6362IMG_6372IMG_6381

アレンジ終了後、ミニブーケも作りました。

IMG_6388

予定時間をオーバーしてみんな頑張って制作しました。最後にメッセージカードを持って帰ってもらい、感謝の気持ちを込めてプレゼントしてくださいね。

 

次回はクリスマスアレンジメントです。楽しい時間を過ごせるようにデザインしますので、お楽しみに

お申し込みは「こどもの夢を育む施設 こむこむ」まで

花のある空間をデザインする。

お仕事の話。当店の仕事のひとつに「定期でお花を納品」があります。季節のお花をメインに受付カウンターや待合室などにお届けしています。納品する際に大事にいている事は鮮度・季節感・話題性です。毎回の納品でその場所をイメージして制作するのでデザインも当店へおまかせ頂いております。普段のフラワーギフトとは違った雰囲気で話題性のあるデザインに心掛けています。

「今回のデザインもおもしろいねぇ」「この花は何?」「毎回楽しみにしてます」のお言葉をいつまでも頂けるように日々楽しみながらデザインしています。

明日納品のアレンジメントは、この時期からクリスマスのスワッグ(壁飾り)等にぴったりのオーナメンタルコーンが入荷したのでそれをメインに制作しました。

題して「実を盛る」です。

オーナメンタルコーン2

こむこむ お花教室【ハロウィン】

10月17日(土)に福島駅前の「こどもの夢を育む施設 こむこむ」にて、今年2回目のワークショップ お花教室を開催しました。
テーマは「ハロウィン」
今回はおもちゃカボチャのいろいろMIXセットを仕入れたので同じものが無くみんなに好きなおもちゃカボチャを選んでもらいました。
次にハロウィンハットの器の真ん中にカボチャをセットしてアレンジスタート!
今回はお化けが手を広げたイメージで進めました。

両手を広げた間にワイヤーリボンを絡ませて、ワックスパッキングを伸ばしたものをみんなの発想でレイアウトしてもらいました。ワイヤーの上に覆いかぶせて、その木に可愛いいアレンジメントフラワーがお化けが出たぞぉ〜的な雰囲気満点のホラーな感じに変身してみんな楽しそうでした。

みんなのカボチャが違うので作品の表情も様々楽しい時間を過ごしました。(^o^)/こむこむ ハロウィン

上の作品は参加者の作品。 上手ですね~
次回11月も開催しますので、ご応募ください。

お花教室 第1回目「敬老の日アレンジメントフラワー」

9月19日(土)に福島駅前の「こどもの夢を育む施設 こむこむ」にて、今年1回目のワークショップ お花教室を開催しました。
テーマは「敬老の日に贈るアレンジメントフラワー」
最初にお花のスタイルの説明・ハサミの使い方・アレンジの挿し方の勉強をしてアレンジ開始です!!
活け始めのコツをちょっとだけ教えて、あとはみんなの考えたデザインで活けてもらいました。
今年の花は ミニひまわりが可愛かったのでそれをフォーカルフラワーにしました。みんな真剣なまなざしでお花と向き合っていました。(^o^)

ベースのファンデーションはアジサイのスターバーストを敷き詰めています。教室風景1

スタイルはフレームデザインでラインフラワーは イネ科のパニカム・レッド

教室風景2

最後におじいちゃん、おばあちゃんへの感謝の気持ちを葉っぱに書いてもらいました。メッセージ制作

今回の参加者の作品です。

敬老の日生徒作品1

こちらも参加者の作品。葉っぱにニコニコマーク。!(^^)!

敬老の日生徒作品2

次回は ハロウィンがテーマのアレンジメントです。
こむこむホームページのワークショップのページをチェックして、参加してくださいね(^o^)/

pickupflower マイクロダリア アランチョ

人気のダリア 新品種が日々お目見えするこの花には 大輪系 小輪系 ボール咲き系等 花の咲き方にも色々ある中で、今回入荷のダリアはマイクロダリアに分類されるボール咲き。花の直径が約3cmぐらいの本当に小さいダリアです。名前は「アランチョ」イタリア語で橙色という意味です。

アランチョ2

小さいけれど、お客様の注目の的です。存在感大。

アランチョ3

今回この花をご注文を頂いていたボックスフラワーにアレンジしました。このアレンジにダリアをセレクトできるとは思ってもいませんでした。(^^♪

アランチョ4

 

pickupflower この色が似合う季節になりました。

季節の変わり目で、明確に変わってくるのが、当然季節の花ですが、仕入れ担当としても、季節の先取りを大事にして仕入れをしています。花屋の花は季節が約2か月程先の花がメインフラワーになっています。
でも一年中栽培されている花も沢山あり、その花の仕入れで大事なのが色です。春色・夏色・秋色・冬色?その季節にあった色があり写真の花は正しく秋の花になっちゃう花。ピンク色や黄色のガーベラがこの時期この色で秋を感じさせてくれる新品種の「アンティーク」というガーベラ。これからお世話になります。(^-^)

IMG_5011